第1位 京都きもの市場

  • おしゃれなものがなんでもそろう着物の通販サイトです

  • 京都きもの市場の特徴と販売の方法に関して

  • 自分だけの、着物を選べ利用がしやすいのが魅力

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

京都きもの市場に対するみんなの口コミ

京都きもの市場は日本最大級のきもの通販サイトです。着物をはじめ帯、和装小物などの多数の商品を取り扱っており、着物、新古品...
京都きもの市場は日本一の着物通販サイト。なんと毎日着物や様々な小物などが入荷するから常に新しい商品をチェックするのが楽し...
最近着物を着るのがブームになって来ていますが、それを着たくても値段が高く諦めている人が沢山います。しかし京都きもの市場で...

日本最大級の着物の通信販売サイト

京都きもの市場は着物のインターネット通信販売サイトです。サイズ別や品種、産地、メーカー別で探せるので欲しい着物をすぐに見つけやすい作りになっています。

第2位 まるやま・京彩グループ

  • 誰もが気に入る着物を見つけることができる

  • 着物は高いというイメージを払拭することができます。

  • 日常を彩る着物からちょっと贅沢な着物まで 品揃えが豊富です

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

まるやま・京彩グループに対するみんなの口コミ

まるやま・京彩グループの着物は利用しやすいのが特徴です。今、流行のデザインから定番の定番のデザインまであり、カラーやサイ...
まるやま・京彩グループの「都粋」で着物を購入しました。普段着物はレンタルがほとんどでしたが、綺麗で目立つ商品がたくさんあ...
この着物の比較サイトには、着物や販売店などが色々掲載されていますが、そこには「まるやま・京彩グループ」のサイトも案内され...

誰にでも着やすく、自分だけの着物が見つかる

まるやま・京彩グループでは、オリジナルデザインや今、流行のデザイン、定番のデザインなど幅広く取り揃えてる着物が多くあります。

第3位 きもの人

  • 「きもの人」で自分に最高に似合う和服を選ぶ

  • 着物を着こなす為のスキルを身につけられるサイト

  • 着物教室はなんだか空気が重い、きもの人は大歓迎

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

きもの人に対するみんなの口コミ

きもの人は着物を販売している通販サイトです。この通販サイトでは着物だけ選んで買うことも可能ですが、専門の女性スタッフがや...
きもの人では、高級な着物を扱っており、良い着物を手に入れることができます。また、着物のライフコンサルティングを行っており...
きもの人は高級着物のセレクトショップです。もっと素敵に着物が着たい、着物を正しく着たい、自分に合った着物を探したいなど様...

着物のスタイリングをしてもらえる

きもの人は着物を今よりもっと似合うように、着て行くシーンに合うように、スタイリングのお手伝いをしてくれます。紹介写真も豊富に掲載されています。

第4位 株式会社キモノラボ

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

上質なものからリーズナブルな物までありますよ

株式会社キモノラボではたくさんの着物を用意してあります。帯や髪飾りなども用意されているので若い人や初めての人も楽しんで購入が出来ますよ。

第5位 オビタスター株式会社

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

オンラインショッピングを利用し着物を自由自在に

オビタスター株式会社では、着物をオンラインショッピングにて販売しています。何かと敷居が高い着物を誰でも購入することが出来る環境を用意しました。

着物の素材

thumbnail01着物というと、成人式や結婚式で見られる豪華な振袖やミセスの黒留袖をイメージすることが多いのではないでしょうか。振袖と黒留袖は、女性の第一礼装です。振袖はミスが着られ、黒留袖はミセスしか着ることができません。この2種類は正絹で作られ、染めや刺繍で豪華に模様が描かれています。第一礼装といっても、黒留袖の方は現在ではほぼ結婚式の親族ぐらいしか着る機会がなく、たとえ園遊会で皇居に呼ばれる程でも着ることはないでしょう。

着物には、昔から正絹以外にも様々な素材がありました。現在では合成繊維も加わり、更に多様になっています。でも、この生地にも留袖等の種類と同じく格式の区別があり、間違うとマナー違反になります。生地には「染め」と「織り」の物があります。「染め」は白い布地に模様を付ける物で、友禅が代表的です。「織り」は糸の段階で色を染めておく織物で、紬が挙げられます。一般的に「染め」の生地で作られた物の方が、格が高いと見なされます。帯の場合、着物とは逆に「織り」の方が格が高くフォーマルな時に使います。留袖や振袖の帯は、金銀の豪華な物になります。

生地には「染め」や「織り」以外にも格の違いがあります。生地の素材は、正絹が一番格が高く、その後麻、木綿、ウール、化繊となります。「織り」の生地は、羽二重、綸子、お召、紬と格が下がります。そのため、高額な紬で作られていても、フォーマルな席には着られません。

着物の種類と格の違い

thumbnail02着物は日本の文化でも代表的な芸術品とも言える衣装ですが、色々な種類があり、それぞれ切る人の好みなどもあるので、購入する場合でも、同じ基準で選ぶわけにもいきません。着ている本人が満足できて、まわりから見ても美しいと注目を集める商品を購入する必要があります。そのためにはそれぞれの種類の格の違いなどを見極める目や知識が必要になります。たとえば、有名な大島紬でも高級品から横総絣のように安価に手に入る商品もあります。横総絣も大島紬ですが、作りやすいということで安価になります。

江戸小紋の鮫小紋などでも、本職の職人が手間暇をかけてできたものと機械でできたものとでは価格も格段に違ってきます。しかし、一般の着物に知識がない人には、その差がわかりません。人が作ったものは、奥行きがあり、人間味があるので、ソフトな印象を受けます。しかし、機械の場合はすべて均等に寸分の違いもなくできてしまいます。

そして、機械の場合には同じものを大量生産できますので、安く手に入れることができますが、全体的に見て整いすぎているという違和感が生まれます。しかし、名人のような職人が作る着物は、適度に文様にも違いがあるので、わずかなものですが、それが味わいを出します。それで値段も高くなります。その点を理解して選ぶ必要があります。

着物の選び方

thumbnail03洋服にしても、着物にしても、選び方というのは、一番楽しくもあり、また、難しくもあることではないかと思われます。一歩間違えれば、とんでもないことになってしまうこともあると思われます。やはり、どのようなシーンで着用されるのか、どのような場所に着ていかれるのか、そして、どのような方たちとなどと、いろいろな場合があると考えます。

自分一人では、どうして良いのかと、ベストなものを選ぶのに決められなく、頭を悩ませることも多いことと思われます。その場合には、第三者の意見も参考にするといいのではないかと思われます。お店の人に相談をする方法が、一番身近な相手となるように考えます。特に着物に関しましては、和服のプロの方の目は、素人の方よりも、確かではないかと考えます。

最近では、和服も人気があるようで、あちらこちらに、和服専門の、リサイクルショップなども見かけるようになりました。新しい着物は、といても高価だと思われますので、手始めに、まずは、古着から始めてみるのもアイデアの一つではないかと考えます。古着には、結構、時代物の掘り出し物が眠っていて、お気に入りのものが見つかるかもしれないと考えます。初めての世界となる、和服は、選んでいるうちに楽しくなり、きっと、いくつも欲しくなることになるのではないかと考えます。

着物の値段

thumbnail04今、世界的に人気がある着物ですが、身近な日本人でも普段はあまりなじみがないというのが本当のところです。昔は普段着でしたが、最近は普段着としてはあまり見かけません。あくまでも晴れ着や礼服として利用されています。ですので、礼服などで利用すると非常に注目を集めますし、礼服の使命も十分果たしています。その着物を利用する場合には購入するなどして利用しなければなりません。そうすると値段が問題になります。しかし、一般の人には、いくらぐらいが相場なのかということが理解しにくい商品でもあります。

購入する場合には、妥当な値段を調べる必要がありますが、今ではインターネットの比較サイトなどがあるので、それらのサイトで比較をしながら、基本的な知識を身につけて、購入するポイントや種類を理解して、専門サイトなども見ながら判断していくのが無難な方法ということになります。

相場ということでは、価格が生まれる条件があります。素材の価格や染めるための料金や職人の人件費などです。とくに重要なのが、職人の人件費で、職人の技能や資質などで商品の価格も変わってきます。それら考えて最低価格帯を理解できると妥当な相場の価格も理解できます。それらも比較サイトなどで知ることができるので、購入前には利用すると便利です。

▲ ページトップへ