購入とレンタルのメリット、デメリット
2016.12.16

subimg01日本の衣装ということでは、着物が非常に注目を浴びています。海外旅行客も増えていて、日本は非常に高い人気ですが、その理由の一つとして、着物の美しさがあります。豪華絢爛な民族衣装ということで、とくに海外でも女性に人気があります。日本人が海外に行く時に、着物を持っていくと注目されて、親切にしてくれたりするという話も聞きます。それほど世界的に価値のある衣装を、日本人が利用しないということはもったいない気もしますが、あまり着られなくなった理由のひとつとして、価格が高いということがあります。女性ならば誰でも豪華な衣装を着たいのは当然ですが、コストを考えるとなかなか購入できないということがあります。それで最近はレンタル衣装ということで、購入するのではなく借りて聞かざるという方法も人気が出てきました。

購入すべきかレンタルにすべきかということで迷う場合もあります。そうなると、それぞれのメリット・デメリットを考えて選ぶことが効果的です。自分が所有する場合には、満足感が得られるということがあります。財産のひとつとして嫁入り衣装で持たせるという習慣もありましたので、財産として持つことができるという面もあります。また、あまり着ることがないので、良い生地の場合には、仕立て直して着ることもできます。しかし、用途としては、あまり使われない持ち物になります。たとえば振袖などは若い時にしか着ることができません。その点借りる場合には、コスト的にも非常に合理的です。あまり着る機会がないので、着る時に借りれば、それで間に合います。それに色々な種類を選ぶことができるというメリットもあります。

レンタルの場合には、その他にも多くのメリットがあります。借りるたびに色々な種類を着られるということで、自由度が広がります。買ってしまうとそれだけしか着ることができません。今はインターネットでたくさんの種類を見ることができますので、好きなように選ぶことができます。保管という意味でも自分で保管をしなくてすむので、ただ借りるだけで気軽に着ることもできます。そのほかファッション的にも流行がありますが、流行に合わせて借りることができるというメリットも見逃せません。所有しているものだけで使いまわすのか、いつでも好きなものを選んで着ることができるように使うのかという違いです。確かに誰かが使ったものを、また使うという抵抗感もありますが、見ている周りの人にはわからないことなので、要は似合っていれば合格ということになります。

▲ ページトップへ